ロシアワールドカップスウェーデンが登録メンバー発表、各国サッカーユニフォーム激安通販中

スウェーデンがロシア・ワールドカップに臨む登録メンバー23選手を発表した。

昨年11月に行われた欧州予選のプレーオフでイタリアを破り、スウェーデンは3大会ぶりのワールドカップ本戦出場権を獲得。グループFに入った同大会で、同国代表は韓国、ドイツ、メキシコと対戦することが決まっている。

ユーロ2016を最後に代表を引退し、今夏のワールドカップで電撃復帰をするのではないかと注目が集まっていたズラタン・イブラヒモビッチだが、メンバー入りは見送り。さらに、プレーオフではイタリアから値千金のゴールを奪ったヤコブ・ヨハンソンも負傷により23名から外れた。

発表された23選手は以下の通り。

GK
カール=ヨハン・ヨンソン(ギャンガン)
クリストファー・ノルフェルト(スウォンジー)
ロビン・オルセン(コペンハーゲン)

DF
ルドヴィグ・アウグスティンソン(ヴェルダー・ブレーメン)
アンドレアス・グランクヴィスト(クラスノダール)
フィリップ・ヘランダー(ボローニャ)
ポントゥス・ヤンソン(リーズ・ユナイテッド)
エミル・クラフト(ボローニャ)
カール・ルスティ(セルティック)
ヴィクトル・リンデルフ(マンチェスター・ユナイテッド)
マーティン・オルソン(スウォンジー)

MF
ヴィクトル・クラーソン(クラスノダール)
ジミー・ドゥルマス(トゥールーズ)
アルビン・エクダル(ハンブルガーSV)
エミル・フォルスベリ(RBライプツィヒ)
オスカル・ヒリィエマル(ジェノア)
セバスティアン・ラーション(ハル・シティ)
マルクス・ローデン(クロトーネ)
グスタフ・スヴェンソン(シアトル・サウンダース)

FW
マルクス・ベリ(アル・アイン)
ジョン・グイデッティ(アラベス)
イッサク・テリン(ワースランド・べフェレン)
オラ・トイヴォネン(トゥールーズ)

▏Sweden 2018 adidas Home

新しいユニフォームは、スウェーデン代表が出場した1990年のワールドカップ・イタリア大会でのユニフォームをデザインの参考にしている。このワールドカップはグループステージで敗退したが、数名の選手は2年後の欧州選手権(EURO ’92)で大躍進したチームの主力となった。

 

背面の首元にはスウェーデン語で国名をプリント。スリーストライプスは脇部分に配している。

バイアス柄(斜めストライプ)に垂直のシャドーストライプというデザインで、1990年当時のユニフォームを再現。

エンブレムはデザインを一部変更。文字はスウェーデンサッカー協会の略称“SvFF”から、スウェーデン語の国名“SVERIGE”に変わり、色もレッドを無くしてブルーとイエローのシンプルな構成となった。

パンツはブルーを、ソックスはイエローをそれぞれ基調。ソックスのグラフィックはadidasロゴのみとなっている。

スウェーデン代表、国旗カラーのブルーが鮮やかなW杯アウェイユニフォーム

▏Sweden 2018 adidas Away

 

ブルーはスウェーデン代表アウェイキットの定番カラーだが、今回のような明るめのブルーは久しぶり。イエローとのコントラストは90年代前半のユニフォームに近い。

 

互い違いのユニークな水平ストライプはadidasのジャージ「AdiPro 2018」がベース。背面の首元にはスウェーデン語で国名をプリントしている。

エンブレムはデザインをマイナーチェンジ。文字はスウェーデンサッカー協会の略称“SvFF”から、スウェーデン語の国名“SVERIGE”に変更。色もレッドを無くしてブルーとイエローのシンプルな構成となった。

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームサッカーユニフォーム激安通販中。

手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。

全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。

詳しくはリンクをクリックして見てください。