日本代表、2018年も『トゥーロン』出るぞ!日韓戦もありえるぞ

フランスで毎年開催されているU-23世代の大会『トゥーロン国際』。

日本代表は今年も参戦することが決まった。公式サイトがその旨を発表している。

日本は13度目の参加。東京オリンピックに向けて大事な腕試しの機会となるはず。

今大会にはすでにトルコや韓国の参加も決定。計12チームが争う大会は5月26日から6月9日までの日程で行われる。

ロシアW杯まであと半年…日本代表の2018年強化日程が発表!3月には最後の欧州遠征へ

ロシア・ワールドカップを半年後に控える日本代表。世界の頂点を目指す戦いへ向け、JFA(日本サッカー協会)は今後の強化スケジュールを発表した。

3/19(月)~3/27(火)に予定されるインターナショナル・マッチウィークで、日本代表は欧州遠征を予定している。対戦相手等はまだ決まっていないが、本大会前最後の欧州遠征となるため、重要な遠征になるだろう。

W杯本大会を2週間後に控えた5/30(水)には、日産スタジアムでキリンチャレンジカップに挑む。本大会前最後の国内試合となるため、この試合は大きな意味を持つものになる。

 そして、6/14(木)からはいよいよW杯が開幕する。日本代表の初戦は6/19(火)、相手はコロンビアだ。その後、25日にはセネガル代表と対戦。そして28日にはポット1のポーランドと激突する。決勝戦は7/15(日)の予定となっている。

以下、日本代表のW杯までの強化スケジュール。

●3/19(月)~3/27(火):国際親善試合

対戦相手:未定

●5/30(水):キリンチャレンジカップ

対戦相手:未定

●6/14(木)~7/15(日):ロシア・ワールドカップ

6/19(火):コロンビア

6/25(月):セネガル

6/28(木):ポーランド

日本代表 新アウェイユニフォームを発表 ~選手初着用は3月23日の国際親善試合・対マリ戦~

日本代表 新アウェイユニフォームを発表 ~選手初着用は3月23日の国際親善試合・対マリ戦~

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は昨年11月に発表しました日本代表のホームユニフォームに続き、この度、新アウェイユニフォームを制作しました。

日本の伝統色である深く濃い藍色「勝色」を纏ったホームユニフォームに対し、新アウェイユニフォームは、濃い藍色に染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けています。サッカー日本代表アウェイユニフォームとしては初めて青色を一切使わない白と赤のみの配色にすることで、日の丸のカラーを近未来的に表現しました。

左肩にあしらわれた三つのバーのグラフィックは、日本代表が初めて優勝を飾った国際大会「第2回ダイナスティカップ」(1992年)で日本代表が着用したユニフォームのデザインを現代に再現。過去の勝利からインスパイアされたデザインとなっています。三つのバーは、それぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーで、日本人のきめ細やかさを表現。また、過去/現在/未来という時の流れを表現しており、より強い日本の未来を創造できるようにという想いが込められています。

ホームユニフォーム同様、首元の内側に搭載されたサインオフロゴには過去5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされており、過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現しています。

ホームユニフォームと同様、首元のサインオフロゴのカラーはなでしこジャパン、フットサル日本代表とカテゴリーごとに異なっています。

SAMURAI BLUE(日本代表)がこの新アウェイユニフォームを着用する最初の試合は、3月23日(金)にベルギーで行われる国際親善試合 対マリ代表戦です。なお本ユニフォームの一般店頭販売は、3月27日(火)0時に開始予定で、アディダスオンラインショップでは3月20日(火)18時00分より先行販売します。

ユニフォーム画像(全カテゴリー共通)